<   2009年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

読み会

自分はMCB 2005から
AP-2 μ2サブユニットのノックアウトマウスはembryonic lethal (E3.5までも生きられない)
→cell survivalに必要だろう
一方へテロは元気。AP-2 complexのμ2サブユニットおよびαサブユニットでともにタンパク量が落ちているが半減とまでは行かない→complexが不安定になっている、なんらかの代償機構
CD63を用いたendocytosisの評価も野生型と変わらず。

Mくんは・・・なんだっけ
神経細胞の軸索におけるmRNAの分布をマイクロアレイで見た、という報告。
[PR]
by 5-gekkostate-3 | 2009-04-30 22:46 | 論文

読み会

自分 Science 13 March 1998: Vol. 279. no. 5357, pp. 1725 - 1729
myo-GDNFマウスを作製。発現レベルの異なる複数ラインを確保。
NMJでhyperinnervationが起こる。neuron数、筋肉の本数は変わらない。
ただしsingle innervationになるのが遅れるだけ。

助教 CNTFにかんする古い論文
CNTFノックアウトマウスは元気で、若干のMN lossはあるものの野生型とたいして変わらない。
ところがCNTF-Rノックアウトマウスは母乳を飲めずに24時間以内に死亡。
原因は顎の筋肉が動かせないからだとか。
MN lossもたくさん起きている。
「CNTF以外のファクターがCNTF-Rを介してMN survivalに必須なシグナルを流すのでは?」というディスカッション。
CNTF-R自体はGPIアンカーで、LIFRとgp130といっしょにCNTF-R complexを形成する。
なので、下流を流すのはLIFR or gp130。どっちか忘れた。

MくんはCell
マウスneonatalの精巣由来の細胞をある条件下で培養しつづけるとES細胞っぽくなるという報告。
mRNAの発現プロファイル、methylation (acetylation?忘れた)具合がES細胞と似ている。
ES細胞と同様の操作で分化誘導に成功。
さらに母マウスに移してキメラ作製に成功。
[PR]
by 5-gekkostate-3 | 2009-04-23 13:38 | 論文

HSP90β

読み会。内容はいずれもうろ覚え。

自分は昨年10月に出たNeuron論文から
http://www.sciencedaily.com/releases/2008/10/081009111026.htm
にも紹介されてました。

「HSP90βはRapsynのturnoverを制御し、結果的にAChR cluster形成・維持も制御する」
αBTX pull down、MS解析→HSP90βがとれた
HSP90βはAChR clusterとcolocalize
HSP90β-Rapsyn-AChRaが結合
阻害剤、miRNA、dominant negativeでcluster減少(vitro, vivo)
CHX(シクロヘキシミド)投与下で阻害剤投与→rapsynが時間依存的に減少。


助教はNeuron1999?ふるい論文
NMJの維持にはBDNF-TrkBシグナルが効いている
TrkBには細胞外領域だけのsplice variantあり。SVはシグナリングに関与しない
免染→FLはclusterときっちり共存、SVは若干もやもや
SVをvirus infectionで筋肉に導入するとdominant negative効果→AChR clusterの「つぶつぶ」が増える
TrkB +/-マウスでも同様の所見。
[PR]
by 5-gekkostate-3 | 2009-04-15 22:13 | 論文

読み会

くそ忙しい

JN 2003
BMP→Smad1シグナルが出生時の小脳の発達に関わる。
小脳由来細胞にBMP投与でSmad1が核に移行、MAP&Synaptotagmin上昇→synaptogenesis?

Mくん
Wnt→βcateninシグナリングに関わる新規分子の探索
[PR]
by 5-gekkostate-3 | 2009-04-09 22:30 | 論文

読み会

今日は日本に帰ってきたMくんを交えて、ひさしぶりに3人で。


助教はWntによるunplugged/MuSKシグナリング Neuronから

MuSK=unplugged (zebrafish)
unplugged mutant (unp/unp)でAChRクラスター形成が起きない&motor neuronの走行もおかしい。
unpluggedにはsplice variantがあって、発生初期におけるAChRクラスターの形成に関わる。
MuSKは広義にWnt receptor familyに属している→リガンドとなるWntの探索→Wnt11(?)
Wnt11がMuSKに直接結合し、dishevelledの下流が流れる。
あとincucibleなknock-in実験→SV (splice variant)を初期に発現させるとunp/unp phenotypeはやや改善、FLを初期に発現させても改善されない?


自分はrapsynとCalpainがAChRクラスター形成に果たす役割 Nueron 55, 247-260

Cholinergicな刺激でAChRクラスターは分散する(既報)
→+calpeptin (calpain inhibitor)で分散防ぐ→分散はcalpain依存的
rapsynはcalpainと結合し、calpain抑制→p25産生抑制
agrinをかけることでrapsynとcalpainの結合促進、結果calpain抑制 (vitro, vivo)
agrin-/-のAChR cluster分散をcalpastatin tg mouseとの交配によりややrescue。ただしaneural clusterは残る→pre側のdifferentiationは改善されなかった
[PR]
by 5-gekkostate-3 | 2009-04-08 22:30 | 論文

つかれた

午後までバイト。
研究室に帰ってきて、桜の下でホームページ用の集合写真を撮りました。
なので近々更新されると思います。

そのあとセミナー。3時間は長かった。
なんだかんだで23時。なぜ?

きょうはMyoDノックアウトマウスについての論文 JN 2006?
MyoDは筋肉の分化に非常に重要だが、ノックアウトマウスは死なない(身体が多少ちいさいらしいが)。
ただ、AChR clusterは散らばって存在、motor axonのmain trunkが見当たらない。
e14.5では同程度のendplate bandの幅に差なし(innervateされなさ具合も同等)
→e16になるとendplate bandの幅のみ拡大。innervation度は同等。
筋肉培養細胞で、agrinに対する反応も同じくらい。denervationに対する応答も正常。
ただ、AChRγ→εへの遷移に遅延(WB、免疫染色)。
adultでもAChR clusterの形が貧弱。

これだけだといろいろ解釈できるので困ってしまうんですが、MyoDとMyf5のダブルノックアウトで
NTF分泌されず→e13.5でMNの過剰なアポトーシス→→胎生致死というストーリーができてるっぽい。

MyoDだけのノックアウトだとMyf5がカバーしてくれるので致死は免れる、という見方が強い。
[PR]
by 5-gekkostate-3 | 2009-04-07 00:00 | 論文

今日も論文

助教とのディスカッション。

BDNF論文の紹介。

助教はBaxノックアウトマウスの論文。
Baxはアポトーシスを引き起こす分子で、ノックアウトマウス由来の神経細胞は栄養を絶っても死なない。(vitro)
神経を切ると顔面神経は大幅に消失するが、ノックアウトマウスでは運動ニューロンは生き残る。(vivo)
逆に言えば神経を切ったりするとアポトーシスで死ぬんですね。

雷が鳴る中帰宅。
いちおう2日春休みをとったけど・・・何をしようか全く考えていない。

おいしい空気を吸いたい。
[PR]
by 5-gekkostate-3 | 2009-04-02 01:19 | 論文

エイプリルフール

googleストリートビューがガチャピンになってます笑

今日はe12.5をとってDNA抽出まで。うまくいけば神経栄養因子の存在が確認できるかも。
しかしgenotyping(どの遺伝子を持ってるかの解析)に時間をとられてしまい、一日が終わりました。

BDNF関連論文を少しずつ。1995 J N Res42;21-33
代表的な神経栄養因子が3つあって、(BDNF, NT-3, NT4)
筋肉での3者のmRNAレベルを発生の段階を追ってみてみると、みんなe15からP0の間にグッと落ちている。

局在は、BDNFは筋肉の間充組織(myoblast?)、TrkBはe15以降運動ニューロンに存在。
あと神経を切って3者の発現レベルが変動する。BDNF↑、NT3→、NT4↓
BDNF上昇の原因は筋肉ではなくシュワン細胞っぽい。

ということでBDNFは神経再生とか、一度切れた神経にもう一回来てもらうのを促進させるようだ。
一方NT4は神経と筋肉がくっついた場所のメンテナンス。という役割分担がありそう。
[PR]
by 5-gekkostate-3 | 2009-04-01 01:59 | 論文

動物の社会性行動を研究中。実験の待ち時間に書きます。


by 5-gekkostate-3

プロフィールを見る
画像一覧

検索

以前の記事

2015年 09月
2015年 08月
2013年 03月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧