木曜日

セミナーで良い質問ができるように、ただ漫然と読むのではなくて書評というか、コメントを書いてみます。

the liprin protein SYD-2 regulates the differentiation of presynaptic termini in C. elegans

nature vol401 23 sep 1999

シナプスではpre/ post双方の細胞表面下でspecializeされた構造体がつくられる。
presynapticな先端にはactive zoneと呼ばれる電子密度の高い構造体があって、vesicleのドッキングや放出を行う。このactive zoneは何で構成されているのか、どのようにしてできるのかなど明らかになっていない。

研究グループは線虫のsyd-2変異体を解析したところ、いくつかのpresynapticタンパクやGFP markerの局在が分散してしまった。(そもそもsynaptobrevinの線虫ホモログ::GFPのスクリーニングでsyd-2がとれてきた)
 →syd-2 mutantのactive zoneは長く伸びる(電顕)
 →しかし、1シナプスあたりのvesicle数は野生型と変わらない
 →synaptic transmissionはややimpaired

syd-2遺伝子産物はliprinと相同性が高い。
liprinはRPTR(recptor proteins with tyrosine phophatase activity)という蛋白質と相互作用する。
SYD-2蛋白質はvesicleの存在と関係なくpresynaptic terminiに局在、cell autonomousに機能発揮。

SYD-2の機能は「シナプスにおけるRPTPシグナリングの細胞内アンカーとして、active zoneを形成する」ことなのではないか?と主張。



SYD-2というタンパクが見つかった初めての報告か。syd-2 mutantで見られたSNB-1::GFPの分散した構造をどう解釈するか?vesicle distributionそのものが変化してしまったのか、SNB-1::GFPとplasma membraneとのassociationが変化してしまったのか。
ただtransmissionがおかしくなっているのでvesicleがあってもactive zoneの形成に不具合が生じているのは確か。
あとRPTPというのを全然しらなかったのでピンと来ませんが、どうもこの時点ではくわしくわかってなさそうでした。

うわーすごい時間かかってしまった。これは続かなさそう・・・
[PR]
by 5-gekkostate-3 | 2009-10-15 23:38 | 論文

動物の社会性行動を研究中。実験の待ち時間に書きます。


by 5-gekkostate-3

プロフィールを見る
画像一覧

検索

以前の記事

2015年 09月
2015年 08月
2013年 03月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧